施術をする前に気にしておきたいことや気をつけておきたいこと、そして初心者向けのアドバイスもしています

小顔になれば自信が持てる

女性

メリットが数多くあるから注目されている

最初に筋肉の働きを弱め、それからエラを縮小させるため、ボトックスの小顔注射は整形効果が現れるまで3週間から4週間前後必要になります。マイナス要素にも感じられますが、時間を掛けて改善するので、小顔整形を受けたかどうかが他人に分かりづらいのがメリットです。さらにボトックスの小顔注射はエラが細くなることはあっても、腫れたりはしませんから、その点でも他人に知られず顔を小さくできます。そして、ボトックスの整形治療で顔をコンパクトにすれば、体型まで痩せて見えることがあるのも魅力です。これは目の錯覚によるものですが、エラが張っていると体も太って見えるため、逆にエラが細くなりますと、ボディーもスレンダーに見えたりします。ボトックスの小顔注射を受けた人が、友人から痩せた、と指摘されるケースがあるのはこのためです。また、ボトックスと称される薬は複数ラインナップされているのですが、治療を受ける時は厚労省認定のブランドを指定するのもポイントになっています。国内で政府の承認を得ているのは今のところ本家の製品だけであり、類似品は認証されていません。認定品は安全性が高いのはもちろん、厳重に品質管理された状態で各クリニックに届けられるため、美容効果も高いのです。

顔のエラ骨をカットする外科手術は永久的に小顔でいられるのは魅力ですが、体に一定の負担が掛かり、ダウンタイムも発生します。ですがボトックスの小顔注射なら、エラ骨にノータッチなので体への負担は非常に小さく、ダウンタイムもないに等しい状態です。そのうえ、もしも施術結果が希望にそぐわなくても、時が来ればかつての状態へ回帰するなど、万が一の場合にも安心できることで注目されています。その反対に施術結果がとても気に入った場合、再治療を受けることで小顔の継続も可能です。しかも整形効果を単に持続させるだけでなく、再注射を繰り返す度に、エラの広がりを抑えられる期間が引き伸ばされる点でも関心を集めています。これは活動停止により細まった筋肉は、スリムでいる期間が長期化すれば、それが標準状態として定着しやすいためです。なので半年や1年に1回など、一定間隔で5、6回前後打ち続けますと、リピート治療を中断しても小顔が続くとされています。外科手術を受けなくても長期に渡りスマートなエラでいられることから、繰り返し治療は話題の施術方法なのです。また、連続施術ではボトックスに対する抵抗力を体が持たないよう配慮せねばなりませんが、抗体が生じ難いため、この観点でも政府承認品のボトックスが人気を集めています。

Copyright© 2019 施術をする前に気にしておきたいことや気をつけておきたいこと、そして初心者向けのアドバイスもしています All Rights Reserved.