施術をする前に気にしておきたいことや気をつけておきたいこと、そして初心者向けのアドバイスもしています

少しずつ変化させる

顔に触れる女性

施術する3つの目的について

張ったエラを小さくさせる美容整形として人気なのがボトックス注射です。その人気の理由にはいくつかありますが、その一つは少しずつ変化させることにあります。小顔の美容整形には、骨格や脂肪や筋肉を外科的手術で細くさせる方法もありますが、それは一度で大きな変化が見込められます。一見するとそれは良いように感じられますが、実際は急激な変化というものは人体に多大な負担をかけることを意味しています。数週間から数か月の入院を必要としますし、痛みや発熱を要することも少なくありません。また急激な変化で周囲にも美容整形をしたことが知られてしまうデメリットも生じてしまうのです。でも、ボトックス注射ならばエラに注入するだけの簡単な施術で、その直後に大きな変化を与えることはありません。少しずつエラの原因である筋肉を数週間から数か月をかけ細らせていくため、人体への負担は極めて小さく入院をする必要が一切ありません。さらに、日々微小な変化であるため、日常的に対面している人でもその変化に気づかれることもなく、小顔にすることができるのです。このように、少しずつ変化させるボトックス注射は日々働いている女性にとって、安心して利用できる美容整形として人気が高まっているわけです。

顔の張ったエラへのボトックス注射は美容目的に利用される人がほとんどです。一般的に、大きな顔よりも小さな顔の方が好まれる傾向にあり、その理由は瞳と顔全体の面積の比にあるという学説もあるほどです。つまり、顔が小さいと瞳が大きく見えて可愛く見えることとなります。そのため、近年では男性でも美容目的で美容整形を利用されるケースが増えていますが、エラへのボトックス注射は可愛さを求める女性が圧倒的に多いのです。また、アンチエイジング目的で利用される人も少なくありません。加齢に伴って肌の張りが失われて顔全体が肥大化し垂れさがって見えてしまい、それが見た目の年齢に大きくかかわってきます。でも、ボトックス注射で小顔になることで肥大化した部分が相殺されるため、見た目の年齢が若く見えるアンチエイジング効果を得られるわけです。そのため、実際にこの施術を利用はじめるのは老化が気になり始める30代や40代の女性がほとんどです。基本的にエラへのボトックス注射は美容とアンチエイジングの2つの目的が大部分を占めますが、歯ぎしりなど激しい人などはその対策として利用されるケースもあります。顎への筋肉を弛緩させる効果で小顔効果があるため、歯ぎしり予防にも繋がります。

Copyright© 2019 施術をする前に気にしておきたいことや気をつけておきたいこと、そして初心者向けのアドバイスもしています All Rights Reserved.