施術をする前に気にしておきたいことや気をつけておきたいこと、そして初心者向けのアドバイスもしています

輪郭をシャープにする方法

看護師

小顔になれる施術

今よりも一回り顔を小さく見せたいのならば美容外科でボトックスを受けてみてはいかがでしょうか。エラ部分はいわゆる咬筋と呼ばれていて、ものを咬むときに使用する筋肉です。咬筋は人によって発達しすぎて輪郭が角ばってしまうこともあります。フェイスラインをすっきりさせたくてダイエットや小顔マッサージを行ったとしても一切効果が見られないという方はボトックスが特におすすめです。努力することなく小顔が手に入る施術としても人気があります。ボトックスは筋肉の動きを抑制することができる薬剤です。エラに注入することによって咬筋の動きが抑制されます。ですから徐々に咬筋自体が細くなって輪郭がシャープになるという仕組みです。効果の持続性は大体半年から一年程度だとされていますので、一年に一度程度注入することでベストな状態を保つことができます。繰り返し注入することで定着して、再注入しなくても状態維持できる人も中にはいます。個人差がありますので、施術を繰り返す上で状態を見ながら注入する量や時期などを決めましょう。ボトックスは安全性が高く手軽に行えるので整形初心者でも利用しやすい施術方法です。患部に注入するだけでOKなので、施術時間は数分から数十分程度です。

現在多くの美容外科でボトックス注射を受けることができます。ボトックスは筋肉を抑制する効果がありますので、その働きを利用して色々な治療に使用されています。しわ取りや足痩せ、多汗症などの治療にも使用されていますが、エラに注入することによって小顔効果も期待できます。エラが張っている人の特長としては咬筋の発達です。咬筋が発達することによってエラ部分が角ばってしまうのです。逆に言うと、咬筋が細くなれば角ばったエラも解消できるという訳です。その方法としてはボトックスが特に有効です。ボトックスを咬筋に注入することによって筋肉を委縮させて細くする効果が期待できます。注入してから三日後くらいから目に見えた効果が現れてきます。そしてその効果の持続性は大体半年から一年程度です。定着率を高めるためには再度注入を繰り返すことをおすすめします。五回程度施術を繰り返せば定着率も良くなり、以後再注入しなくても咬筋が発達しにくくなってくる場合も多いのです。施術を受けるときには最初にカウンセリングを行うのですが、その際にどれくらいシャープになりたいのかなどを明確に担当医に伝えましょう。仕上がりのビジョンによってボトックスの注入量も変わってきます。

Copyright© 2019 施術をする前に気にしておきたいことや気をつけておきたいこと、そして初心者向けのアドバイスもしています All Rights Reserved.